脳味噌書店の日記

不定期更新で、脳味噌書店の活動報告や管理人の買い物の記録などを書いています。

GMTの、グレートバトルオブアメリカンレヴォリューションをやることになりました

アメリカ独立戦争を扱ったシミュレーションゲームです。3つのゲームが入ったトライパックというのがあり、その中で一番軽そうなギルフォートコートハウスの戦いをプレイします。

次の日曜日にプレイなのですが、二人とも忙しくてまだ翻訳の目処が立っていません。

 

大丈夫か?

新刊の話

今回、脳味噌書店では新刊を3冊頒布します。

まずはついこの前発売されたばかりのD&D第5版に関する本。
・5th☆いんすぴれ〜しょん 3さつめ
これからD&Dを始める人にも安心の「びぎなーず」仕様となっています。
桂令夫による特技の選び方や松本富之のシナリオ講座。総計44ページの大ボリュームの本です。

2冊目はクトゥルフの呼び声第7版に関する本。
・7th☆いんさにてぃ
前回の本に寺島令子の漫画や、田中としひさの表紙などを加え、内容をボリュームアップさせた増補版。総計

48ページの本です。

最後にノート。
・脳味噌冒険帳
これに関しては実際にお手にとってお確かめください。

 

いよいよ目前に迫ったコミックマーケット93

脳味噌書店は東ね28bでお待ちしております。

ツイッターを始めました

脳味噌書店のツイッターを始めました。
なぜ今までやらなかったのかというと、複数のアカウントを管理する方法がわからなかったのです。
で、今回無事複数アカウントの取得に成功し、こうやってツイートできるようになったのです。

@noumisosyoten

です。

よろしくお願いします。

辱〜にく〜を買った

えと、所用があって池袋に行きました。
用事が済んで、そのまま帰るのも何だったので、芳林堂書店コミックプラザにふらふらと立ち寄りました。今日発売のイブニングが欲しかったというのもあります。

イブニングを手に持って、そのまま店内を徘徊していると、裏サンデーのコーナーで、本棚に1冊だけ「辱〜にく〜」がささっているのを発見してしまったのです。この本、発売日に、書泉グランデで平積みされているのを見た(しかし、結構数は少なかった)っきり、書店で見かけたことがなかったのです。
買った友人の話だと、つまんねーオチだったということだったのですが、手に入らないとなると欲しくなるのが人情。密かに探してはいたのです。

f:id:noumisosyoten:20170124124616j:plain
辱〜にく〜
窪茶
小学館 裏サンデーコミックス
本体552円+税

いや、オチもなにも、そこに至るまでが結構きついのですが、どうでしょう?
おぢさんは、キツくて読み進められません。

いなり、こんこん、恋いろは。

部屋を片付けたら、『いなり、こんこん、恋いろは。』が全巻発掘されました。一応最終巻まで買ってはいたのですが、積ん読状態で、どこまで読んだかわかんない感じになっていて、しかもほぼ全巻書店カバー付き。家にある本はほぼ全部書店カバーが付いているので、外から見てもそれがどの本かわからないのです。なので、腐海に沈んだ、どこにあるかもわからない(しかも、どこまで読んだか覚えてない)本は、もうほぼ読むことができない本となり果ててしまうのです。『僕だけがいない街』とか『宝石の国』とかもそのパターンで未読。で、これを機に一気に読んでしまおうかと思ったわけです。

いや、ジジィになってこれを読むのは結構きついなぁ。おもしろいのですが、背筋がムズムズするというか。

ともかく、片付けをしているのです。決して遊んでいるわけではないのです。多分。

f:id:noumisosyoten:20170114134636j:plain

家にある本は、だいたいこんな感じ。これを、本の山から探し出すのは結構きつい。

プリズナーを観た

パトリックマクグーハンのプリズナーを観ました。

と言っても、第2話だけですが。

ずっと昔、テレビで放映されていたのを観たことがあるのですが、すごくおもしろかったのを覚えていたのです。
で、何年か前にDVDボックスが発売されたのでそれを購入。それから長い間放置していたのですが、最近になって、ブルーレイボックスになって再発売。映像特典が追加されていたのでこれも購入。
さすがに、ここまで買い込んでいながら観ないというのもあほらしい話なので、ついに観る決意が固まったのです。

いや、今になっても色褪せない面白さがあるわ。
ヤベェっす。
パトリックマクグーハンかっこ良すぎ。

 

でも、見ながら「村に住むのもいいなぁ」とか思ってしまったのは内緒です。

魔法少女プリティ☆ベルを読んだ

友人がおもしろいと言うので、『魔法少女プリティ☆ベル』を読んでみました。

現在20巻ほど刊行されているので、集めるのはちょいと躊躇しましたが、まぁ、そこは何というか……。
とりあえず10まで読んでみました。

やばいです。

最初の方は割とネタに走った部分があるのですが、4巻あたりから止まらない勢いがありました。
明日にでもその先を買ってしまいそうです。